効果的な節税方法

会議室を借りる

寄附をするという手段

企業が支払う税金の中に法人税がありますが、寄附行為によって法人税を節税できます。企業が国家や地方自治体に寄附を行ったならば、寄附した額すべて損金となります。また一般の寄附に対しては、法人の様々な条件に対応した一定の限度額までが損金となります。すなわち企業の条件ごとに上限は違うけれども、損金とすることが可能なのです。 このように寄附という行為をすることによって、節税をするという方法もあるのです。なお寄附をして損金とするときは、確定申告書への寄附額の記入をする必要があります。同時に寄附したお金の明細書を一緒にして、定められた書類を保管することが大切となります。手続きの際には、あらかじめよく調べておいたり、専門家にアドバイスをもらうのが良いです。

法人税の節税によるメリット

企業は法人税を節税することによって、次の効果を得ることが可能となります。 それは、法人税の支払い額を減らすことができる上に、イメージを良くすることができます。特に寄附という行為によって、社会に対する責任を果たしている姿勢を見せることができます。加えて、そのことについてホームページなどでアピールする機会を手に入れられます。企業のイメージを上昇させることによって、ビジネスを行いやすくするきっかけにもなったりします。 寄附行為によって法人税の節税だけでなく、良いイメージを与えることができます。なお寄付行為の際には、寄附によって生じる損金の額を計算して把握することも大事です。また寄附が複数になる場合には、寄附した先のリストを作って保管することが重要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加