贈与税の回避方法

お金の管理をする

発生するのは相続税のみ

遺産は相続人によって分割されることになります。通常は、財産ごとに取得者を決めるという形になります。しかし、それ以外の分割の方法も認められています。 その一つが代償分割です。代償分割は、一人の相続人が遺産を取得し、他の者はその相続人が持つ財産の一部をもらうというものです。 このような形の分割方法を採ると、通常であれば2種類の税金が課されます。遺産を取得した時に相続税、財産の一部が引き渡された時に贈与税が課されるのです。 ですが、相続税法は代償分割という分割方法を特別に認めているため、贈与税は発生しません。各相続人には、相続税のみが発生することになります。高い贈与税は発生しないので、安心して利用することができます。

代償分割を利用するメリット

代償分割を利用するメリットは、遺産が偏っている場合でも公平な分割ができることです。例えば、主たる遺産が住宅と住宅用地のみであったとします。他にあるのは、少ない預金と家財道具ぐらいです。 この場合、住宅と土地を換金し、それを分けるというのが妥当な流れになります。しかし、その住宅と土地に住みたいと考えている相続人がいたとすればどうするでしょうか。換金するわけにはいきません。 こんな時に便利なのが代償分割です。住宅と土地はその者に取得させます。そして、残りの者には、自分が持っている財産(例えば、現金など)を支払います。これにより、売却することなく、公平な分割をすることが可能になります。 通常の形とは違う代償分割を利用して、公平な遺産分割を行い、相続問題が発生しないようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加